ダウンロード/インストール方法

 
 フォルダ
名前
サイズ
作成日
 

パッケージのインストール方法

  1. ブラウザで、ダウンロードしたプログラムが配置してあるURLにアクセスします。
    ※下記手順では、/var/www/html/installにプログラムを配置し、http://localhost/installにアクセスしています。
  2. インストール画面が表示されます。
     [Japanese] を選択して、 [次へ] をクリックします。


  3. [イントロダクション]が表示されます。
     [次へ] をクリックします。


  4. [サイト名称、データベース、およびパス・URLの設定]が表示されます。
    サイトの情報を入力して、 [次へ] をクリックします。
    • サイト名称:任意
    • データベースサーバ:mysql
    • データベースサーバのホスト名:localhost
    • データベースユーザ名:MySQL のアカウントのユーザ名
    • データベースパスワード:MySQL のアカウントのパスワード
    • データベース名:使用するデータベース名(現時点で未作成でも可)
    • テーブル接頭語:任意
    • データベースへ持続的接続:いいえ
    • NetCommonsへのURL:アクセスするURLを入力(デフォルトのまま または [/htdocs]を削除する)
      ※下記は[/htdocs]を削除した例

  5. [設定内容の確認]が表示されます。
    入力した内容に誤りがないかを確認して、 [次へ] をクリックします。


  6. [アクセス権のチェック]が表示されます。
    「次へ」をクリックします。


  7. [パス・URLのチェック]が表示されます。
    「次へ」をクリックします。


  8. [データベースのチェック]が表示されます。
    設定したデータベースが存在しない場合は、「次へ」をクリックすることでデータベースが作成されます。
      


  9. [データベース作成]が表示されます。
    データベースに問題がないことを確認し、「次へ」をクリックします。


  10. [設定の保存]が表示されます。
    「次へ」をクリックします。


  11. [データベーステーブル作成]が表示されます。
    「次へ」をクリックします。


  12. [サイト管理者についての設定]が表示されます。
    サイト管理者のハンドル、ログインID、パスワード、パスワード確認を入力し、「次へ」をクリックします。


  13. [データの生成]が表示されます。
    「次へ」をクリックします。


  14. [モジュールのインストール]が表示されます。すべてのモジュールのテーブルを作成するため少し時間がかかります。
    すべてのテーブルが作成されると「次へ」が表示されるので、「次へ」をクリックします。


  15. メンテナンス画面が表示されます。
    通常のNetCommonsと違い、グループウェアとしてのデータ登録などの手順があるため、インストール直後からメンテナンスモードとしています。
    ※メンテナンスモードの解除方法は通常のNetCommonsと同様です。

 
動作確認済みサーバー



 
NetCommons Ready サーバー一覧
NetCommonsが動作するレンタルサーバー/SaaS会社のサービスを認定する“NetCommons Ready”というプログラムがあります。
“NetCommons Ready”に認定されたサービスのうち、自分でファイルの配置ができるサービスはNetCommonsReady Silver”として認定されています。
サーバを探す際の参考にお使いください。
NetCommons Readyについての詳細はNetCommons Readyをご確認ください。